安心の点検と保証

お引き渡しから6カ月後、1年後、2年後と定期点検を実施。お客さまに手紙でご案内したのち、
ご希望の日時に専門スタッフが訪問し、点検を行います。
また、お引き渡しから10年間の長期保証、5年間のシロアリ保証も併せて行っています。

戸建の点検と保証

定期点検サービス(~2年後)

ご購入頂いた住宅で安心・安全・快適にお過ごし頂くために、一建設では住宅お引渡しから6ヶ月後、1年後、2年後の計3回、定期点検を実施しています。点検には点検専門の技術員がご訪問し、チェックシートに沿って数十項目の点検内容を詳細に確認します。

無料診断(5年後~35年後)
・長期保証

基本保証10年以降、5年ごと最長35年まで長期保証延長が出来ます。

長期保証延長

一建設では、購入後も安心して住んでいただくために、独自の手厚い保証制度を提供しています。アフターサービス基準書に定める長期保証(10年保証)期間経過後、5年ごとの期間を定め、部位によっては、引渡日から最長35年間の延長保証が適用されるシステムを採用しています。また、購入した新築物件を第三者に譲渡する場合や、ご本人の配偶者、子または孫が相続する場合、所定の手続きを行っていただくことにより、保証期間の残存期間について保証の継承を行います。こうしたサービスを行っているメーカーは多くありません。

建物無料診断と有償修繕工事

建物無料診断と有償修繕工事

マンションの点検と保証

第三者による品質監査
+住宅性能評価
独自の第三者チェックを追加実施

第三者による品質監査+住宅性能評価

設計事務所や建築会社とは直接関係しない第三者機関が、建物は安全か、快適に過ごせるかなど、9分野28の項目をチェックしていきます。また、住宅性能評価には「設計住宅性能評価」と「建設住宅性能評価」の2種類があります。

第三者機関が行う配筋検査は、通常では建築基準法や住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)で定められた特定フロアのみ。第三者検査義務のないフロアについても、施工者・監理者の検査に加え、ビューローベリタスジャパン株式会社による品質監査を実施しています。また地震の際などに柱や梁が壊されないために設ける「構造スリット」の確認、タイル剥離などを防止する「引張強度検査」でも同様に、任意のフロアで第三者機関による品質監査を実施しており、監査後、監査結果報告書が発行されます。

一建設の基準は、国の定める「建築基準法」+「品確法」の検査基準を大きく上回る、他社の追随を許さない独自の厳しい品質基準で、お客様の「安全」「安心」な暮らしを守ります。

住宅設備機器の10年保証

住宅設備機器のトラブルが発生した場合、メーカー保証による対応が一般的ですが、多くの場合は、1年ないし2年間に限られています。
プレシスのマンションでは、ガス給湯器・トイレ・バス・給湯器・洗面化粧台などメーカー保証が切れたあとも、独自のサービスとして10年間にわたって長期的に保証します。万が一トラブルが発生した場合も、コールセンターへのお電話1本でメーカー等の出張を手配できます。快適な暮らしを長い目で見守るプレシス独自の10年保証。住まわれる方に「安全」「安心」な暮らしをお届けします。