ちょうどいい
サイズ

面積の大きさと暮らしやすさは、必ずしも比例しません。
合理的な設計とライフスタイルへのフィットによって、面積以上の暮らしやすさを実現できます。

「戸建」の
ちょうどいいサイズ

特徴1

地域ごとのお客さまニーズを反映

各都府県、さらにそのエリアごとに、お客さまが望む住まいの傾向は、土地の規模、住まいの大きさ、車庫の広さなど、それぞれ少しずつ異なります。

私たちは長年にわたって地域密着型の企業であり続け、各地域の不動産会社と情報交換をしながら、そのエリア独自の“ちょうどいい“サイズを提案します。

特徴2

家づくりのコンセプト
「ライフサイクルサポート」

「家」には、時の流れとともに、さまざまな転機が訪れます。新しい家族の誕生、転勤、子供の独立、高齢化など、その都度、住まいに求められる役割は変化していきます。たとえば、購入当初は1台分でよかったカースペースが、家族が増えたり、就職したりすることで、2台分必要になったりします。一建設では、そのような変化を見据え、周辺がカーポート1台分でも2台分のスペースを確保した住宅を建設、販売しています。また、デザインは年代による好みが分かれないようシンプルにする一方、キッチンやバスルームは広さや使いやすさを重視するなど、「変化を見据えた」配慮を施しています。

一建設が目指すのは、ライフサイクルの転換期を迎えた人たちに対して、新しい暮らしに適した「家」を提供すること。それが私たちの家づくりのコンセプト「ライフサイクルサポート」です。

「マンション」の
ちょうどいいサイズ

スペースを最大限活用する設計

Point.1

廊下・水回りに
ムダがない

一建設のマンションの3LDKは、限られた間取りを最大限に活用するために、ミリ単位でムダなスペースを排除。特に、廊下・水回りのスケール取りを突き詰めることで、広くて快適な居住空間を得ています。

Point.2

収納が
しっかり使える

それぞれコンパクトに作られた洋室ですが、プレシスの3LDKは実際の使い心地の要となる収納をしっかり確保。主寝室にはウォークインクローゼットも設けることで、豊かな居住空間を実現しています。

Point.3

LDが可変式で
自在に使える

LDが広いほど、居室は狭くなってしまうという問題。一建設のマンションの3LDKは、全体のバランスの中で最適なLDの広さを提案。しかも、隣接する洋室とつなげて使うこともでき、生活に合わせて自在に使えます。